諫見研究室のアウトライン

活動概要

地域貢献実践ゼミナールは、福岡県岡垣町や佐賀県基山町等から委託され「住民参画型のまちづくり実践研究」を、三好不動産ハウスメイトマネジメントトランスコスモス等と連携して「いえづくり教育用の教材開発研究」を実施しています。

また文化庁 文化芸術による子ども育成総合事業日本建築学会 子ども教育支援建築会議等の取り組みにも参画しています。

住民参画型のまちづくり実践研究 の事例

佐賀県基山町では、空き家問題の対策とまちづくりの検討に携わっています。空き家は適切に管理されずに放置されると、老朽化による倒壊、雑草や樹木の繁殖、不法侵入等の問題が発生し、周辺環境に悪影響を及ぼす懸念があります。基山町移住体験リノベモデル事業は、福岡市や久留米市の近郊という地理的優位を活かした移住促進をまちづくり施策とする基山町が、居住可能な空き家を遊休資源として、リノベーションによる移住体験住宅の整備を行ったものです。

この事業では消防団格納庫兼集会所への提案が課されましたが、基山町への移住を検討している単身者や子育て世代が、閑静な生活環境と福岡市や久留米市への近接性を実感でき、この集会所が持つ雰囲気や特性を活かした設計を、住民の参画を得て実現することができました。

いえづくり教育用の教材開発研究 の事例

三好不動産とのスマイルデザインプロジェクトでは、学生の設計作品の実現を前提としたマンションリノベーションに取り組んでいます。福岡市では空室を埋めるために、少ない需要にどのような対策を講じるかが課題となっています。単身者向けのマンションが比較的多く、若い世代の入居率が高い福岡市において、その世代が共感するリノベーションを求めれば、学生の設計という発想に至ります。

不動産事業者にはマンション所有者に負担をかけず、学生によるリノベーション設計を提供でき、大学には学生がテーマ設定から設計、施工現場での工事監理までの実務に携わる、生きたいえづくり教育が実践できる産学相互のメリットがあります。卒業設計「住む人の日常をつくる不満レスな部屋づくり」は、日本インテリア学会全国大会において最優秀作品賞を受賞しました。

定 款

名 称

第1条
 本団体は、九州産業大学地域貢献実践ゼミナール/建築都市工学部諫見泰彦研究室と称する。

事務所

第2条
 本団体は、福岡県福岡市東区松香台2丁目3番1号 九州産業大学建築都市工学部住居・インテリア学科諫見泰彦研究室内に事務所を置く。

目 的

第3条
 本団体は、いえづくり・まちづくり・ものづくり・ひとづくりに関わる活動を通し、考えたことや作ったもので地域社会の役に立つことを目的とする。

活 動

第4条
 本団体は、次の活動を行う。
 (1) 住民参画型のまちづくり実践研究活動
 (2) いえづくり教育用の教材開発研究活動
 (3) その他、前条目的の達成のための活動

構成員

第5条
 本団体は、次を構成員とする(別表)。
 (1) 九州産業大学専任教員
 (2) 九州産業大学学生・研究生・大学院生

会 議

第6条
 本団体は、主宰者が他の構成員を招集し、必要により会議を行う(別表)。

その他

第7条
 本団体は、定款に記載していない必要事項を、会議に諮り定める。

附 則

 この定款は、2006年4月1日から施行する。 
 この定款は、2010年4月1日から修正して施行する。
 この定款は、2019年4月1日から修正して施行する。

別 表

 代表者 九州産業大学建築都市工学部住居・インテリア学科 准教授
 主宰者 諫見泰彦
 構成員 
 構成員 九州産業大学建築都市工学部住居・インテリア学科
 構成員 安達璃保  梅本理樹  川口貴史  北原彩  栗山颯大  執行裕太  
 構成員 鈴木宗吾  長﨑麻衣  諸井里帆  山田弥慶  稲永草介  井上大輝
 構成員 榎本桃花  桑原春平  小島大直  副島奈津  谷渕修也  徳田尚規  
 構成員 前田琴音  松枝那奈  渡邉雄大  安倍亜莉紗 池浦成美  池田成美
 構成員 石原真依  大坪駿介  志方豪樹  中野裕也  藤原和也  宮崎健斗
 構成員 吉岡沙樹

2021-2022年度(第16期生)

安倍亜莉紗 池浦成美 池田成美
石原真依 大坪駿介 志方豪樹
中野裕也 藤原和也 宮崎健斗
吉岡沙樹

2020-2021年度(第15期生)

稲永草介 井上大輝 榎本桃花
桑原春平 小島大直 副島奈津
谷渕修也 徳田尚規 前田琴音
松枝那奈 渡邉雄大

2019-2020年度(第14期生)

九州産業大学学長賞受賞
日本建築学会ワークショップコンペ
審査員賞受賞

積み木であかりのワークショップ
安達璃保梅本理樹川口貴史
北原栗山颯大執行裕太
鈴木宗吾長﨑麻衣諸井里帆
山田弥慶

2018-2019年度(第13期生)

井原雅弥 右近久了 岡 祥大

2017-2018年度(第12期生)

伊藤 彩 岩崎菜奈子 内野大樹

木下洸大 柴田真子 中井沙弥香

益留 剛

2016-2017年度(第11期生)

江川詩乃 河村大樹 髙田祥平
友末佑太 許山若奈

2015-2016年度(第10期生)

江本卓生 岡村信一郎 小野将司 
迫田和樹 寺本湧哉 東 晃生

2014-2015年度(第9期生)

内野友和 梅森晴子 岡村 渉
小山奈央美 木村友香 佐藤太紀
中村麻貴 長澤完陸 山口隆弘
吉田ちあき 吉田有希奈

2013-2014年度(第8期生)

石井絵梨 石原慎一郎 井原健太
今村 望 牛尾彰吾 木村賢太朗
佐々木清明 佐藤史弥 原田協子
藤原新之介 三股あや加 安田早貴

2012-2013年度(第7期生)

大嶌涼太 川窪唯加 北村裕大
近藤明靖 末松大樹 橋本広生
藤澤健吾 前田健人 前田洸平
松田夏生 三上 葵

2011-2012年度(第6期生)

小金丸智文 榊 英貴 澤 優太郎
亘 裕司

2010-2011年度(第5期生)

浦津翔平 大西里沙 草野直斗
佐々口 剛 大尾聡子 茶谷枝里子
濱崎健太郎 松尾 恒 松本知枝
守永健介 ワトソン竜太

2009-2010年度(第4期生)

池口耕平 池谷達也 板倉 諒
伊藤勇気 上妻瑞季 清水彩夏
白木大樹 新村勇太 中藤成也
溝部紀彦 安河内隆一 山口祐司

2008-2009年度(第3期生)

仙波慶至 萩原佳明 古川 洋
松本直也 矢野宏貴 山田拓郎
山本泰輔 山本 豊 吉開絢也
吉田正剛

2007-2008年度(第2期生)

赤松みどり 石倉法隆 谷本拓矢
寺川直志 戸田卓谷 平沼晃佑
平野 舞 古川信一 前山慎哉
湯村泰介

2006-2007年度(第1期生)

大隈愉紀子 椛島杏奈 須川 瑛
原 雅子 村上直樹 吉海真歩

2006年度(第0期生)※

奥原由希恵 木村孝生 久保雄太
佐野さおり 鹿崎貴文 諸喜田 圭
杉野逸平 増田 昇 松村啓子
山田憲吾 吉田安範 渡部考之
古賀 旭
※前任の森岡侑士先生への敬意から、旧森岡研究室から引き継いだ最初の卒業生を、諫見研究室では第0期生と数えています。第0期生は森岡研究室と諫見研究室の共通の卒業生です。
Powered by Flips
login