一坪の茶室4「斜堂(SHADOW)」[2017]

林野庁 新たな木材需要創出総合事業 参画

日本産業技術教育学会 全国大会(長野)出展

日本産業技術教育学会 特別賞 受賞

九州産業大学 工学部長賞 受賞

ものづくり

本プロジェクトでは、住居・インテリア設計学科2年生が一坪の茶室4「斜堂(SHADOW)」を設計し、ワークショップとして同1年生や体験入学の高校生とその製作を行ったものです。≪見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ≫この和歌は、藤原定家が新古今和歌集に寄せたもので、千利休が侘び茶の精神を象徴すると好んだ和歌だと伝えられています。茶室の天井はこの和歌の文字が彫られており、ここを通過する光で和歌が床に映り込み内部空間を演出します。作品製作は林野庁新たな木材需要創出総合事業に参画し、日本産業技術教育学会特別賞を受賞しました。

第13期生 右近久了(2年生)
第13期生 岡 祥大(2年生)

Powered by Flips
login